--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2015/02/07(土)
『淡路島で3年とらふぐを食す』
お義父さん・お義母さん・旦那・するめで、淡路島に3年とらふぐを食べに行った!

お義母さんがだいぶ前からずっと食べたがっていた3年とらふぐ。
たまに聞くけど一体何者?って思ってたら、通常のふぐの養殖は1年半~2年のところ、3年かけてじっくり育て上げられるから、身はぷりぷりに引き締まり、肉質・量ともに一味も二味も違う濃厚な味のふぐなんだって。楽しみ~♪( *´艸`)

毎度お馴染みの風景、淡路SAから見た明石海峡大橋と本州。この日は、ちょいとガスってた。

昨年の夏chihiroちゃんとパラセーリングしに来た時の淡路島2014/07/31『淡路島を満喫』が、天気が良くて最高だったから、どうしてもあの時と同じ景色を追い求めてしまう~。

3年とらふぐにお目にかかる前に、とある日帰り温泉へ。
露天風呂から明石海峡大橋が一望できて眺めは最高だったんだけど、営業開始時間に行ったのに、全体的にあんまり掃除が行き届いてない感じだったから残念だった(-_-)

いよいよ3年とらふぐとご対面!『嘉楽』へ(≧▽≦)
玄関の入り口が超絶怪しくて若干不安になったけど(-_-;、お食事処の座敷には既にたくさんのお客さんがいてホッとした(^。^)

付出しの皮の湯引き。
やっぱ3年ものは皮も分厚くなるんだね(゜o゜)いつも食べているものより、コリコリで弾力があった!
女将さんの指示通り少しだけ残しておいて、あとでお鍋のコラーゲンスープをかけて頂きましたが、一気に食感が変わり柔らかくなって、そちらも美味でした(^~^)

てっさには白子ものってて、こちらの白子は新鮮だから生で食べられるとのこと。
もったり濃厚なお味で、コラーゲンがめちゃくちゃお肌に効きそう!(≧▽≦)

てっちりにも特大白子!(≧▽≦)
こちらも生で食べられるので、さっと湯通しして溶けちゃわないうちに食べるのがベストとのこと。

お義父さん・お義母さんの年代には、さすがにもう白子はええわぁってなったようで、お義父さんの分までするめがバッチリ頂きました!(^~^)



てっちりにした3年とらふぐは、身が引き締まってて、食べ応えあり!骨に対する身の量が多いから、食べやすくって骨からホロリと身が取れた。
写真撮り忘れたけど、するめの大好きなふぐのお店『ふぐやさでん』2014/12/20『大阪デートとふぐのプレゼント』と同様、ひれ酒にひれが3枚も入ってた!普通のお店は1枚のところが多いから贅沢~♪( *´艸`)
すごく美味しいふぐだった!ここは女将さんも気さくでおもしろいから、女将さん人気もありそうだなぁ(^ー^)

これで、今シーズンのふぐ食べ納め。また来シーズンが楽しみだ(^。^)


店先にあったふぐの水槽。今から食べられるであろうふぐが順番待ちしてた( ̄ー ̄)
その中でも、左の片隅にいたコイツ(右)がかなりのツボ!!!(≧▽≦)めっちゃカワイイや~ん♪♪♪ヾ(*´∀`*)ノ゛
ずっと見てたかったのに、旦那に急かされたから、泣く泣くお別れした(;_;)

■淡路島ハモ・フグ料理の温泉の宿 嘉楽(からく)
 〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1399
 TEL:0799-72-3216
 http://www.awaji-karaku.com/












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。