--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2016/03/26(土)
『日本のマチュピチュ 天空の城・竹田城跡』
昨日の夜から、名古屋から父上・母上が遊びに来ております(・∀・)

父上のリクエストで、午前中は竹田城跡へ。
県内だし、行きたい行きたいと思いつつ、なかなか行けていなかったので、今回は良い機会だった(^ー^)


朝7時に家を出て、1時間半ほどで天空の駅・山城の郷に到着。
そこに車を停めて、天空バスに10分ほど乗車し、中腹駐車場へ。そこからは20分ほど徒歩。

竹田城、するめが結婚して兵庫県に嫁いだ13年前は何の話題にも上がってなかったのに、ここ数年テレビやCMで取り上げられたこともあって、一気に人気の観光スポットに。


石垣に近づいてくると、いやがおうにもテンション、アップア~ップ↑↑↑( ̄ー ̄)

頂上に到着!朝来ののどかな景色を一望。

城跡のところどころに、ボランティアのおじさま方がいて、竹田城についてざっくり教えてくれるよ(^。^)
詳しく知りたい方は有料で!


昔は取っていなかったらしい観覧料で、足元や柵などが整備されていて、とても歩きやすかった(^ー^)


よく見かける竹田城の景色は、このあたりからの雲海が出てるバージョンかな?(^。^)
雲海が見れるベストシーズンは、秋頃の良く晴れた日の早朝だとか。でも、竹田城への道路が一本しかないから、深夜3時頃は大渋滞になってるらしい(^-^;


1本だけ桜が咲きかけてた。後1週ずれてたら綺麗に咲いてただろうな。


ほんとに神秘的で、日本じゃないみたい~。

竹田城の石垣は、安土城や姫路城などと同じ「穴太(あのう)積み」という構築法で、自然石をほとんど加工せずに積み上げていったんだって。
こんなに隙間なく綺麗な形に積み上げていって、テトリスみたい~(・∀・)

当時は、「穴太(あのう)積み」のスペシャリストの集団がいたらしい。かっこいい~( ̄ー ̄)


立派な一本松もありました。


城跡は思っていた以上に広くて、見応えがありました。
桜の時期には少し早い朝だったのもあってか、人も少なく空気も澄んでいて、とっても気持ち良かった(◡‿◡)
また、雲海が見られるシーズンに一度来てみたいな。

竹田城跡を降りた後は、駅と川を挟んで反対側の朝来山にある立雲峡へ。
こちらは“但馬の吉野”と呼ばれるくらいの桜の名所で、山の中腹に2,000本の桜が咲き乱れることから、その昔、真正面にある竹田城から武将たちがお花見をしていたんだとか。


立雲峡からは竹田城跡の全体が見渡せるので、こちら側から雲海に浮かぶ竹田城跡を撮る写真もよく見かけるもの。
するめ達は疲れてしまって、第三展望台で断念したので、竹田城を下から見上げる写真になっちゃった。

竹田城跡の後は、姫路城へ!城づくしだ~( ̄▽ ̄)

■竹田城跡
 http://wadayama.jp/takedajyoseki
ドラえもん
竹田城行ったことないなぁ(#^^#)

天守閣が好きなだけになんとなく物足りない感が(+_+)

熊本城がひどい状態なのが残念(+_+)

2016/09/08(木) 01:38:26 | URL | [ 編集]
するめ
【ドラちゃん】
あれっ、ドラちゃん、お城好きだったんだ。知らなかった(^。^)
いやいや、天守閣は無いけど、ここはスゴイ。想像してた以上に良かったよ(^ー^)
熊本城もなんとか修復してほしいよね。
2016/09/22(木) 17:18:55 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。