--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/08/15(金)
『ダークナイト』
本日は『ダークナイト』を観に行ってみました。

一度もバットマンを観たことないんで、どうしようか悩んだけれど、今年亡くなったヒース・レジャーの遺作とか、さかんにテレビで耳にしたので、なんとなく・・・。

悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を駆使しながら、信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていく・・・、という内容。

ひたすら暗~い、重~い、何ともいえない気持ちになった。
今までのバットマンを観たことがないから、バットマンって、すがすがしい勧善懲悪娯楽映画かと勘違いしてた。
とにかく、ジョーカー役のヒース・レジャーが不気味で気持ち悪く、映像を凝視できない部分も多々あり。ものすごい存在感で、これって悪が主役なの?って思った。
バットマンは完全なる正義かと思ってたけれど、バットマンもふとしたら、悪に代わってしまうんではないか?という場面もチラホラ。
人間の心の中も、正義と悪は隣合わせだよなぁ、なんて、映画を観ながら思いました。

最後は汚名をきせられたバットマン。この映画、まだ続くのかしら?
このダーク感、一度観たらやみつきになります。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。