--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2011/04/30(土)
『阪急電車 片道15分の奇跡』
旦那と一緒にレイトショーで『阪急電車 片道15分の奇跡』を観に行ってきました。

映画化されることを知ってから10/08/04 『阪急電車 映画化。』の記事を読んでみてね♪)、ず~っと楽しみにしてたんだぁ(^ー^)

阪急今津線の車両内。白いドレスを着て結婚式の引き出物を抱えた女性(中谷美紀)に、見知らぬ老女が声を掛ける。一方、暴れる彼氏を前に動揺する若い女性(戸田恵梨香)。降りる彼を追う彼女にもまた、老女が声を掛けるのだった・・・、という内容。

映画の予告でよく流されていた、中谷美紀が白いドレスにティアラをして電車に乗っている場面、一体どういうことなんだろう?って思ってたけど、映画を見てようやく納得。

全体的に、ほんわかほのぼの(^ー^)
季節を変えて、宝塚-西宮北口間の駅ごとにいろんなエピソードがあって、各エピソードの登場人物が繋がったりなんかして。すごくおもしろかった!とか、すごく感動した!とかじゃなく、ほっこり心があったかくなった(^ー^)
自分が知ってる路線のお話ってこともあって、感情移入もハンパなかったと思う(^_^;

特に素敵だったのが、宮本信子さん演じるおばあちゃん。
孫役の芦田愛菜ちゃんとのやり取りが絶妙で、思わずプッって吹き出しちゃったり。
他エピソードの登場人物との絡みも一番多くて、それぞれに話す内容が一言一言とっても説得力があって、とっても心に染みた。

小学校で仲間はずれにされてる女の子と中谷美紀のエピソードも良かったなぁ。
勝地涼と谷村美月の大学生カップルのエピソードも、今時珍しいくらい爽やかなカップルで、思わず声に出して笑っちゃった(^。^)

唯一う~んって思ったのが、うるさいオバちゃん達の集団の場面。
阪急電車の今津線はお上品路線だから、あんなうるさいオバちゃん達いませんよ(-_-)

あ、そうそう。するめが5年間勤めていた会社。
宝塚南口から逆瀬川に向かう車窓からバッチリ映ってました。人影までは見えなかったけど。

原作の小説、旦那が持っているので、ゆっくり読んでみようっと。また違った発見があるかも(^_-)
にゃがお
私も観たよ!原作読んでる人多いよね。
私は何度かロケに遭遇してたから
ずっと気になっていたので観に行きました。
宮本信子さんと芦田愛菜ちゃんが歩いてたのは
会社から逆瀬川の駅に向かう、線路沿いの歩道やんねー。
勝地涼くん、実物見てみたかったわ~。。。
ちょっと、らぶなので(笑)
2011/08/08(月) 11:46:14 | URL | [ 編集]
するめ
【にゃがおさん】
そうそう!宮本信子さんと芦田愛菜ちゃん、あの線路沿いの歩道を歩いてましたねぇ~。にゃがおさんは毎日通ってるところだね!
あれ、いつ撮影したんだろ?早朝とかかな?
にゃがおさん、勝地涼くん、ちょいとラブなんだ!(笑)勝地涼くん、いい味出してましたね~♪
2011/08/13(土) 16:33:40 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。