--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/07/19(金)
『陽気なギャングが地球を回す』
またまたDVD鑑賞。

他人の嘘がわかってしまう男(大沢たかお)とコンマ1秒まで正確に時を刻むことのできる体内時計を持つ女(鈴木京香)。演説をさせたら右に出る者はいない男(佐藤浩市)と若き天才スリ(松田翔太)。ある日彼らはロマンあふれる強盗計画を実行に移すのだが、突如現れた別の強盗にあっさり大金を奪われてしまう・・・、という内容。

これ2006年の映画なんだけど、その当時、大沢たかおに佐藤浩市なんて~♪と目がハートになった(^_^;確か、松田翔太はこの映画がデビュー作で、いろんなメディアで取り上げられてたんだよねぇ。

で、期待して観てみたんだけど・・・これ92分という短い映画なんだけど、30分観たところで、もう無理。。。と、寝てしまった(-_-)zzz
疲れてたから寝ちゃったんかなぁ?とリベンジの2回目。今度は60分を過ぎたあたりで・・・また寝てしまった(-_-)zzz
あれあれ?最後は残りの30分だけ抜粋して観たんだけど・・・要はすごいつまらなかった(-_-)豪華キャストがもったいなさすぎる~。
旦那に聞いたら、原作はすごいおもしろいらしいんだけどねぇ。するめにおもしろさが分からなかっただけなのかも。

唯一の感想。鈴木京香さんがすごい美しかった~!(^▽^)












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。