--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/08/12(月)
『踊る阿呆に見る阿呆』
お義父さん・お義母さん・旦那・するめの4人で、徳島に阿波おどりを見に行った!(^▽^)
お義母さんは徳島出身の人なので、旦那と結婚した時から、ずっと誘われてたんだよねぇ。

▼11:00 淡路島でお昼ごはん
『新島水産』っていう、水産物卸会社の直営店にて。


獲れたての新鮮なあわび・大アサリ・サザエ・ヒオウギ貝。
大好きな貝づくし~( *´艸`)貝って焼き具合がよく分からないけど、お店の方が各テーブルを回って焼いてくれて、それぞれにあった味付けまでしてくれるので安心して食べられる(^ー^)



サザエの苦味がたまらなくビールと合う~。
あわびは肝ソースを絡めて。こちらも苦味が引き立つ大人のお味(#^.^#)


サービス品で出してくれたハモの生肝に身悶える~(≧▽≦)
本日の一品はハモ鍋。ちょっと出汁が濃かったかな?

最後に、タコ飯とワカメのお味噌汁。
タコ飯、美味しすぎ!お義父さんの分まで食べちゃった(・∀・)

こちら「磯焼きコース 2,900円」でした。
大満足~ヾ(*´∀`*)ノ゛他にも、ハモやフグのコースもあるみたい。また行きたいなぁ(^。^)

▼14:00 渦の道
鳴門海峡の渦潮。高速道路の上から、なんとなぁ~く見たことはあるけど、じっくり見物するのは初めて。



淡路島と徳島を結ぶ大鳴門橋の橋桁下部が『渦の道』という遊歩道になっていて、真上から渦潮が見れるから迫力満点!
渦潮の見頃時間には1時間くらい早かったけど、時間が経つに連れ、どんどん渦が巻いてくからおもしろ~い!どんだけ見てても飽きないね(・∀・)

▼18:00 阿波尾鶏で夜ご飯
徳島の地鶏・阿波尾鶏が食べられる人気店『炭火焼鳥 鳥ぼん』に行った~。




写真の他にもいろいろ頼んだけど、こころ・手羽・つくねが美味しかったなぁ。お義父さん、お義母さんと一緒だったのに、調子に乗って生4杯飲んじゃった~(*^▽^*)

▼20:30 阿波おどり見物
本日のメインイベント!阿波おどり~\(´∀`)丿
藍場浜演舞場のB席1,400円の指定席から、ゆっくり見物。




同じ踊りをずっと見るのってすぐに飽きちゃうんじゃないかなぁ?って正直思ってたんだけど、これが蓮(チーム)ごとに全然違うからめちゃくちゃおもしろい!(≧▽≦)
女踊りの足さばきが妙に色っぽくて目が釘付けになるし、男踊りの躍動感がハンパない!(・∀・)

「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃ損々!」
「一かけ二かけ三かけて四(し)かけた踊りは止められぬ、五かけ六かけ七かけて八(や)っぱり踊りは止められぬ」
「ア、ヤットサー ア、ヤットヤットー」
掛け声もおもしろくてノリがいいから、めちゃくちゃ盛り上がる~(*´∀`*)


スポンサー蓮に有名人が出るのも習わしのようで、元サッカー選手の北澤やホリエモンが踊ってた。高橋真麻もいたみたいなんだけど分からなかった~(>_<)



阿波おどりにすっかりハマっちゃった~゜+.(・∀・).+゜

簡単に踊れるように見えるけど、実際踊ってる人を見ると上手い下手が顕著に分かるから、かなり奥が深そうだ。
B席だと踊りの盛り上がりの前に通り過ぎちゃうから、次回はS席で見たい!

家に帰ってきたのが深夜でクタクタになったけど、盛りだくさんの楽しい一日でした(^ー^)

■新島水産
 〒656-2543 兵庫県洲本市由良町由良2581
 TEL:0799-27-1786
 http://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28026974/

■炭火焼鳥 鳥ぼん
 〒770-0833 徳島県徳島市一番町2-11-3
 TEL:088-624-1351
 http://tabelog.com/tokushima/
                    A3601/A360101/36000176/












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。