--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2014/05/05(月)
『石川&福井旅行 ~3日目:永平寺~』
石川&福井旅行、3日目。最終日。

朝7時の貸切露店風呂。

最終日はとうとう雨が降っちゃった。けど、雨が降ってる景色を観ながらってのもなんだか風情があって良かった。
朝風呂って、気持ち良すぎてとっても得した気分になるなぁ。

朝ご飯~。ご飯のお供がわんさか出てきて、朝から3杯たいらげた(^-^;
ここのお宿、ご飯がなかなかの当たりだった(^。^)

でもやっぱり、前に来た時に泊まったお宿が良すぎて忘れられない~(>_<)
次回はまた、そちらのお宿でリベンジしたいな。


泊まったお部屋と、部屋から見た鶴仙渓。
帰り際だから散らかってる~。来た時に写真撮っとけばよかった(-_-;
なんでこんなに山中温泉が好きなのか?って考えてみたら、川がある風景が素敵だからだって気が付いた。
海でもなく、山でもなく、川が好き。今住んでるところも川のそば。川にも好き嫌いがあるけれど、これからも川の近くに住んでいたいなぁ。


山中温泉の外湯、菊の湯。左が男湯、右が女湯。建物自体が別々っていうのも珍しい。
松尾芭蕉が絶賛し一句詠んだことで有名なお湯だけど、するめにはちょっと熱すぎたかな(^-^;

石川県とお別れし、旅の最後は福井県の永平寺へ。

永平寺へ行く前に、『けんぞう蕎麦』でお昼ご飯。
超人気店らしく、1時間くらい待った~((+_+))店内は、ジャイアンツの選手のサイン色紙でぎっしり。

「けんぞう蕎麦」と「おろし蕎麦」をそれぞれ頼んで、旦那とワケワケ。
これがかなり変わってて、初めて食べる味でびっくり!(゜o゜)

「けんぞう蕎麦」は辛味大根のおろし汁が入っている麺つゆで、「おろし蕎麦」はねぎ・削りかつおを入れ大根おろしの入った麺つゆで頂きます。
辛み大根のおろし汁がほんとに辛くって舌がピリピリ~。でも、ヤミツキになる~。
どちらもめちゃくちゃ美味しかった(≧▽≦)


そして、永平寺。
雨はたくさん降ってるし、めちゃくちゃ寒いわで、かなり心が折れかけてたけど、建物内を参拝するスタイルだったのでとっても助かりました。

天井に230枚の色彩画が飾られている大広間。

花と鳥が描かれている230枚のうち5枚だけ違う生き物(鯉2枚・唐獅子2枚・リス1枚)が描かれていて、それを全部見つけられると幸せになれるんだって。

まぁ、するめはすぐに断念したけどね・・・(^-^;




雨が降っていたせいもあったけど、とても静かで空気がピーンと張りつめてて、自分たちの住んでいる世界とはまったく違う異空間でした。
200人の修行僧の方たちが朝の3時から厳しい修行に励み、760年間変わらない時間がここでは流れ続けてるんだと聞くと、ほんと自分も丁寧な暮らしを心掛けないと・・・って心がキュッとなりました(-_-)


今回の旅にあたって、事前に準備していた御朱印帳。永平寺の御朱印を頂いてきました。
これから、いろいろなお寺や神社をきちんとお参りして、その都度御朱印を頂いていきたいと思います(^ー^)

楽しみにしていた旅行も終わっちゃった~(T。T)
夏、新緑と行ったから、次は冬の金沢と山中温泉に行きたいなぁ~。って、言ったら、旦那にいいかげん別の場所に旅行したい!って言われるだろうな(-∀-)

石川&福井旅行 ~1日目前編:金沢21世紀美術館~
石川&福井旅行 ~1日目後編:くろ屋~
石川&福井旅行 ~2日目前編:金沢市内観光~
石川&福井旅行 ~2日目後編:山代温泉と山中温泉~

■けんぞう蕎麦
 〒910-1133 福井県吉田郡永平寺町松岡春日3-26
 TEL:0776-61-1481
 http://tabelog.com/fukui/A1801/A180103/18000030/

■永平寺
 〒910-1228 福井県吉田郡永平寺町志比5-15
 TEL:0776-63-3102












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。