--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2014/06/01(日)
『アナと雪の女王』
旦那と一緒に『アナと雪の女王』を観に行ってきました。

5月中のレディースデーに一人で観に行こうと思ってたのに、流行りにとりあえず乗っかる旦那が“観たい!”と言うので、1日の映画の日を待って行ってきた(^ー^)
吹き替え版しか観たくない!って思ってたけど、心配しなくても、もう吹き替え版しかやってなかったぁ。

エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく・・・、という内容。

ディズニー映画を映画館で観たのは『ノートルダムの鐘』以来。あれっていつだっただろう?って調べてみたら、1996年だって!ひょえ~~っっ、そんな昔?(+o+)

『ノ―トルダムの鐘』の時も、オープニングの音楽が素晴らしすぎて出だしから号泣した記憶があるけど、やっぱりディズニー映画は音楽が素敵すぎる(;_;)
松たか子の、ありの~ままで~♪の時もホロッときたけど、エルサとアナが離れ離れに育てられた時にかかってた音楽がとってもせつなくて一番泣けた(T_T)

驚いたのは、アナとあんなに楽しげに一緒に歌ってたハンスが悪者になるということ。クリストフが出てきた時に、あれっ?三角関係になっちゃう?とは思ったけど、まさかプロポーズの歌を楽しげに歌ってたハンスが悪者になっちゃうとはねぇ(-_-)

昔ほどストーリーに一喜一憂できないのは、するめもおぱちゃんになっちゃったからなのかな?(^_^;
ぺぇたんやbunbunが言うには、英語版もとっても素敵らしいらしいので、DVDが出たらそちらも観てみたいな(^。^)

ちなみに『ノートルダムの鐘』のオープニング音楽はこちら↓
18年ぶりに聞いても、5:40過ぎからの盛り上がりは鳥肌が立つ!!!(>_<)













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。